公的機関から借りるお金を借りるメリットは?

お金を借りる方法として、銀行から借りる、消費者金融から借りるなど様々な方法がありますが、公的機関からお金を借りるという方法もあります。公的機関といっても、市区町村などの自治体もあれば公庫と呼ばれる場所もあります。
公的機関からお金を借りるメリットとしては、金利が低いことが最大のメリットであるといえます。しかし金利が低い分、条件が厳しくなっていて条件を満たしてなければ申し込みをすることはできません。また実際に手元にお金が届くまでに時間がかかるので、急にお金が必要になったという場合などには不向きであるといえます。
公的機関からお金を借りる方法としては、一つ目に市区町村からの総合支援資金貸付が挙げられます。これは生活支援としての借り入れとなり、最長1年間借り入れをすることができます。また保証人がいれば利息も必要ありません。生活保護と同じなのかと感じる人も多いかもしれませんが、こちらは返済する必要があります。生活費だけでなく引っ越し資金として利用することもできるので、生活の立て直しを図りたいと思っている人には、利用価値が大きいと言えるでしょう。
もう一つの公庫とは、国からの出資で運営している金融支援機関です。銀行などで借りられない人に貸し付けを行う機関であるため、自営業者や起業したいと考えている人など、一般的に借りることが難しいという人でも申し込みができるのです。申し込み行う場合には、返済の意志を持ったうえできちんと計画を立てておくようにしましょう。